1. >
  2. >
  3. ジンベエザメに会える水族館とオキちゃん劇場

宿・ホテルを決めるときの目安におすすめを!

宿・ホテルを決めるときって迷ってしまいます。

じゃらんパックには、

・おすすめの宿のお得なSARE!「プロフェッショナル大賞

・お得な料金の路線を紹介している「イチ押しお得路線

・周遊プランもラクラクの「北海道特集

・早期予約がお得の「沖縄特集

・じゃらんパックが断然お得な「東京ディズニーリゾート

・オフィシャルホテルもオトク!な「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

などがピックアップされています。

詳しくはこちらから

ジンベエザメに会える水族館とオキちゃん劇場

沖縄の人気の観光スポットといえば、ジンベエザメやナンヨウマンタが悠々と泳ぐ超ビッグスケールの水族館の「沖縄美ら海水族館」。

沖縄美ら海水族館は、沖縄県国頭郡本部町にあります。

この国頭郡本部町、「くにがみぐんもとぶちょう」と読みます。

国頭郡本部町は、沖縄本島北部の本部半島西部に位置。

名護市から約20キロ。

沖縄美ら海水族館は、沖縄国際海洋博覧会が行われた海洋博公園にあります。

「ジンベエザメ」? 「ジンベイザメ」?

ジンベエザメとは、体にある模様が着物の甚兵衛(ジンベエ)、甚平(ジンベイ)に似ていることから名づけられたといわれ、「ジンベエザメ」「ジンベイザメ」と呼ばれています。

ジンベエザメは国際自然保護連合(IUCN)によって、絶滅危惧種に分類されています。

ジンベエザメの性格は、いたって温厚。

非常に臆病で環境の変化に弱いため、飼育は難しいと言われています。

沖縄美ら海水族館のジンベエザメ、「ジンタ」は、世界最長飼育記録を日々更新しています。

ジンベエザメが出迎えてくれる沖縄美ら海水族館。

美ら海とは、沖縄弁で「清らしい海」という意味。

沖縄美ら海水族館の玄関で、大きなジンベエザメのモニュメントが出迎えてくれます。

沖縄美ら海水族館は、「沖縄の海との出会い」をテーマに、サンゴ礁の浅瀬から深海まで、
「サンゴ礁への旅」
「黒潮への旅」
「深海への旅」の3つのテーマに分かれていて、

3階から1階へ、海の中を潜っているような感覚で進めるようになっています。

ジンベエザメに会えるのは「黒潮への海」

黒潮への海の水槽は、高さ8.2メートル、幅22.5メートル、厚さ60センチの巨大アクリルパネルの
世界最大級の水槽。

水槽を横から見るのもいいですが、上から見ることもできます。

国営沖縄記念公園(通称・海洋博公園)

国営沖縄記念公園は、沖縄県の沖縄本島、国頭郡本部町にある国営公園。

日本の都市公園100選に選ばれています。

主な園内施設は、
・沖縄美ら海水族館
・熱帯ドリームセンター
・熱帯・亜熱帯都市緑化植物園
・おきなわ郷土村・おもろ植物園
・海洋文化館プラネタリウム
・オキちゃん劇場
・エメラルドビーチ
があります。

[エメラルドビーチ]

・憩いの浜
・遊びの浜
・眺めの浜
に分けられたビーチ。

[電気遊覧車]

海洋博公園内を移動する、電気遊覧車が運行していて1日遊覧券が便利です。

オキちゃん劇場でイルカのショーを!

青い海をバックに海洋博公園のアイドル、イルカの「オキちゃん」とその仲間たちが楽しいショーを繰り広げます。

オキちゃん劇場は、水族館とは離れた海洋博公園内にあり、なんと入場料は無料。

オキちゃん劇場のイルカショー、動画で楽しんでください。

沖縄の宿泊はじゃらんパックで予約を